第1回「 組織代謝を活発にするショウガ湿布」

季節の変わり目には、腹が痛い、腰が痛い、咳が止まらない、飲み過ぎで肝臓が疲れている、アレルギーで悩んでいる、薬を飲んでも効果なしという症状がひん ぱんに出てきます。漢方、指圧、針灸の治療法が効果的ですが、専門家に頼らなければなりません。そこで、このコーナーでは自分で簡単にできる手当法、民間 療法を紹介していきます。

ショウガ湿布は、腰痛、リュウマチ、婦人病、肩凝り、胃腸痛などに効きます。人間には生まれながらにして生体磁気や自然治癒力がありますので、それを引き 出すための刺激として、また血液循環を助長する手段としてショウガを使います。体の細部まで温まると共に、痛みがびっくりするほど消えていき、呼吸も楽に なります。また、よく眠れ、疲れが取れるでしょう。慣れれば作るのも簡単ですよ。

 

【ショウガ湿布の作り方】

1. ショウガ150グラム(約5オンス)をおろし金ですりおろし、それを木綿の袋に入れる(フードプロセッサーで代用してもいい が、効果は半減)。
2. 水を入れた鍋を火にかけ、沸騰する前(70℃くらい)に1を入れて1分ほど煮出し、ショウガ湯を作る。

3. タオルの両端を濡らさないようにして2に浸し、染み渡ったら両端の濡れていない部分を持ち、水分を10〜15%くらい残して絞る。鍋が空いたら次の タオルを浸した状態で保温しておく。

4. 絞ったタオルを患部に当て(熱い時はタオルを叩くなどして温度調整を)、その上にビニールをおき、バスタオルや毛布などをかけ、体が冷えないように する。

5. 2、3分後、タオルが冷えたら新しいものと交換し、これを7、8回(15〜20分)繰り返す。
(注意:頭には使わない、ショウガ 湿布の前後4、5時間は風呂に入らないこと)

 

昔からおばあちゃんの知恵として用いられてきましたが、現代医学では理解できない、人間に備わる自然治癒力を応用した治療法です。マクロビオティックの生 活法を実践すると、ショウガ湿布の効果も上がるでしょう。人間というのはおろかなもので、わかっていてもなかなか実行しないものですが、実行すると、その 良さを体で知ることができるはずです。

森保夫:1978 年にシアトルで森指圧クリニックを開業。大学やマッサージ・スクールなどで指圧講師として活躍するほか、日本伝統の食事を基にしたマクロビオティックを指導して、健康で楽しく生きるための生活法を実践している。マクロビオティックについての無料相談も実施しているので、質問などある方は気軽に下記まで連絡を。
Mori Shiatsu Clinic TEL: 206-464-0782 
www.shiatsuyasuomori.com

Jen logo Copyrights © 2000-2010. JEN, INC. All Rights Reserved.